忍者ブログ
Admin*Write*Comment
マリヤリズム
[696]  [695]  [694]  [693]  [692]  [691]  [690]  [689]  [688]  [687]  [686
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「エデンの檻」というのは終始“アキラの物語”であり、
脇キャラたちはアキラのために存在する人たちなんだなというのを
改めて実感した回。
坊主の言う、
「皆はピラミッドに行きたいんじゃない、アキラが好きだから
一緒にいたいんだ」
ってセリフ、初見では正直ピンとこなかったというか
りおんや雪、偽ミイナ、大森さんあたりはともかく
他の人たちはちょっと不思議な気がしました。
アキラに恋愛感情を持ってる子なら分かるんですよ。
でもモブ女子みたいな普通の女子中学生が、仲のいい友達と離れてまで
片思い相手でもない男子と行動を共にしたがるもんなのかなあと。
真理谷にしても志願した理由は「アキラを慕って」というより
「ピラミッドに興味を持って」の方がキャラに合ってると思うんですよね。
でもこの漫画では「アキラを主役として立てる」というのが第一にくるので
どのキャラも全員、アキラが好きだからってことになっちゃったのかなと思う。

「エデンの檻」が読者層として中心に据えてるのは
一貫して10代男子(アキラと同年代)なんでしょうね。
いやまあ、マガジンって元々少年誌だけどさ。
でも最近は女性やオッサンといった非少年層の読者も多いわけで
そういう人たちも当然本誌や単行本を買ってるんだけど
おそらくそういう人たちに向けて話を作ってないと思う。
初期アキラの設定「学校ではぱっとしなくて女子にも嫌われてる」ってのは
そのまんま読者の少年の姿であり、感情移入するための必要条件なんだろうな。
だから「アキラってそんな嫌われてたように見えないんだけど」とか
「コンプレックスの塊って設定に違和感」とか言うのは意味が無いっつーか、
女の子に蛆虫の如く嫌われてる地味メンが主役じゃいくら境遇が自分と似てても
自己投影したくないだろ…と思う。
駄目な奴が異世界にきて一躍ヒーローに!ってのは漫画の定番だし
幼馴染の美少女が主人公にベタ惚れってのもありがちだ。
エデンはそれにドリーム要素をかなりの濃度で盛り込んでるよね。
いつも口うるさく文句を言うクラスの女子は、自覚が無いだけで実は俺に惚れてる。
馬鹿にしてると思ってた優等生は、口に出さないだけで内心俺を認めてる。
雪と真理谷に関しては、島に来る以前からそんな感情を持ってたんだから
「世界が変わってヒーローに」とは全然違う話だ。
漫画が好きで、冴えない学校生活を送ってる少年にとって
とても心地いいドリームじゃないだろうか。

登場人物がたびたびアキラを持ち上げる理由もそれだと思う。
あいつは凄い、キミは特別だ、たいした子だ、今まで何度出てきたか分からない
アキラをセリフやモノローグで褒める脇キャラたち。
「そんな何回も褒める必要ないんじゃ?」という感想も見たけど
アキラを通した読者のドリーム漫画と考えれば不自然じゃない。
だって自分が褒められれば嬉しいじゃないですか。
褒め言葉は何度聞いても心地いい。多分そういうことだ。

ずっと前、雪がアキラに片思いしてる設定になんの意味があるんだろうと
このブログに書いたことがある。
りおんと奪い合うわけでもないのに、引っ張った挙句「保留」とは?と。
あれは可愛い女の子が自分にドキドキしてる、
その状況を作り出すための設定だったんだろうな。
「雪のため」でも「アキラのため」でも「ストーリーのため」でもなく
「読者のため」の設定だったわけか。
雪が恋心を自覚したらなんらかの行動に移らざるを得ない。
アキラに告白するなり、りおんに嫉妬するなり…
でも本格的な恋愛模様を描くつもりはないので
「雪はいまいち自分の気持ちを理解してません」で収めておいて、
“アキラを意識してる女の子”で固定しちゃったんだと思う。
主人公とヒロインが両思いの状態で登場する恋敵キャラは
健気に尽くしてくるタイプ(主人公が冷たく出来ない)か
強引に割って入るタイプ(主人公・ヒロインを邪魔したり、エロを使ったり)、
いずれにせよ本人が「主人公を好き」と自覚しなければ話にならないんだけど
雪はそれすら無自覚で、何がどうなるんだろう?と思ってたら
要は「どうにもなりません」ってことだったのだろう。
ある意味、今の一人相撲こそが雪の恋愛の帰結点とも言える。

ところで医者=最終的な敵の話ですよ。
こういう表現が出てくるって事はまとめにかかってるのかなあ。
まあそう考えるのが普通だよな。
あと何回真理谷さん見られるのかな………

アキラがシリアスに考え込んでる横で最高のメンバー筆頭が
ギリギリ歯軋りしてるのがなんだかシュールでいい。
真理谷さんの寝姿超カワイス。
口元に手を持っていってるのと、足の形が萌えすぎて何度見ても飽きない。
今は生徒会長とアキラに挟まれて寝てるのか~
トラップの時も会長と一緒に棒持ってたし、意外と仲いいのかな?
こういう引きである以上、頼りになる真理谷さんがクジに外れるのは仕方ない。
案内人がダイゴに決まっただけで良しとしないと。
ああでも最終回が近づいてきてるなら一週でも多く真理谷さんを見たいと
思わずにいられない…
エデンが終わって真理谷さんを見られなくなったら何を楽しみに
生きていけばいいんだろう(´Д`;)

PR
12巻 * HOME * まりも
  • ABOUT
週刊少年マガジン連載「エデンの檻」のパソコンメガネ・真理谷四郎を語るブログ
  • カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
  • フリーエリア
  • 最新記事
  • プロフィール
HN:
蜂屋(88)
性別:
非公開
自己紹介:
同人やってます。
腐女子ではありません。
キャラ萌えオタクです。
  • バーコード
  • ブログ内検索
  • P R
  • アクセス解析
Copyright © マリヤリズム All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]