忍者ブログ
Admin*Write*Comment
マリヤリズム
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

久々のサイト巡りで思ったことがあるので書きます。
頭の整理もせずぶわーっと書くので読み違いその他あったら
あとで訂正するかもです。

================================================

                 
先週の真理谷のモノローグ。
今までの「理屈で行動する真理谷」が嘘だった、
真理谷自身も本当の自分を偽って生きてきた、
ともとれる独白のことですけどね。

私も見た瞬間、真理谷四郎というキャラが崩れかねない
危ういものだと思いました。
でもこれは「“いかなる状況”でも理屈“のみ”で行動する自分」
が嘘だった、という告白なんじゃないかなー。

先週の感想で「真理谷は母親のお葬式で泣けたのだろうか」
「頭のいい子だから泣けなかったのではないか」
と書いたと思います。
で、予想ですが多分「泣いてない」んじゃないかと。
悲しみにくれる家族、自分を気遣う姉、そういう状況の中で
「僕がしっかりしないと」「泣いてはいけない」と『理屈』によって
「お母さんが死んで悲しい」という『感情』を押さえ込んだんじゃないかなあ。
わずか14年の真理谷の人生の中で、
母の死ほど感情的になった出来事はないはずです。
でもそれすら理屈>感情で対処してしまったとしたら…
真理谷の中に傷としてずっと残ったと思う。

真理谷が理屈好きなのは間違ってないと思うんですよ。
きっちりしたことも大好き。
だから暑さでハアハア言ってても絶対エリは外さない。
これって優等生を演じてるから?違いますよね。
いつでも身なりを整えてるのがいわゆる優等生ではあるけれど、
ジャングルの中でエリ外したぐらいでそれが否定されるわけはない。
だから単に真理谷のこだわりなんだと思いますよ。
「だらしない格好は嫌いだ!」という。

そもそも真理谷の学ラン見てください。
何あのボタンの数。
特注でわざわざ増やしたんでしょう。
普通の人より制服サイズ小さいのに、逆にボタンを増やすなんて
優等生云々無関係に、真理谷の好みでしかないですよ。
髪型もぴっちり七三。
優等生=七三じゃないよね。昔のリーマンスタイルだよね(笑)
真理谷ってむしろ前髪長いよ。
優等生である自分を演じているなら髪型も優等生っぽく
当たり障りない短めの髪形にすればいい。
七三分けにしてるのは真理谷がきっちりしたものが好きな証拠だと思う。

普段の生活なら、冷静な真理谷の心を揺さぶる出来事なんか
そうそう起こらない。
でもこの島に来て、仲間たちと苦楽を共にし、今までの人生で得られなかった
友人(仲間)を手に入れた。
でもそんな大事な仲間が次々と死んでいく…
真理谷の気持ちはかなり動揺したはずです。
でも今までと同じように『理屈』で処理しようとした。
もちろんたいていの人間にはそれは無理で、真理谷もそれは分かってる。
そのうえで「自分には出来る」と思ってたんじゃないのかな。
母の死の悲しみも押し殺した子なら。

だけどやっぱり歪みはあったんですよ。
それが真理谷のいう「複雑な気持ち」「割り切れない気持ち」で、
今までずっと目をそらしてきた部分だから真理谷自身にも
その感情の正体をつかめずにいたんだと思う。

「自分で思い込んでいただけだった」
「優等生を隠れ蓑に自分の気持ちを偽っていた」
これは今まで読者が見ていた真理谷四郎像が嘘だった、という意味じゃなくて
仲間が死んでも、あるいは死に掛けても
理屈に照らして淡々と処理する真理谷は嘘だった
ということなんじゃないだろうか。
りおんに「大森さんが心配じゃないの?」と問われ、
「心配に決まってる」と答えた真理谷。
それでもなお『理屈』に従って冷静に「大森さんを見捨てる」意見を出せるのが
自分という人間だと思ってたんだろう。
でも本当は仲間が危険に晒されたらなんとしても助けたかった。
そういう、理屈より感情が先にくるような考えを
「優等生だから」(=いつでも冷静でいなければ、理屈を最優先しなければ)
というのを言い訳にし、更に
「自分はそういうことの出来る人間だから」という思い込みで
本当の気持ちを押し殺していた。
その嘘にようやく気付いた、ってのが先週の独白の意味だと思う。

だから今までの真理谷は否定されてないはず。
「仲間(大事な人間)の死」まで「まあしょうがないだろう」で済ますような
非感情的な人間ではなかったというだけで。
だから今後同じような出来事が起きたら
「救出は無理だ、●●のことはあきらめよう」とか
「一人の命より○人の命を優先するのは当たり前」
のようなセリフは言わず、真理谷の頭脳をフル回転させて
救出手段を練るんじゃないかな。

一人が危険な状況に→助けたら犠牲が出るかも→じゃあ見捨てよう
これが旧真理谷。
一人が危険な状況に→一粒たりともこぼさねえ!絶対にだ!
これが新真理谷。
もちろん仲間が皆同じ思いであることが前提で、
だからこそ真理谷は学校組に意見を求めたんだね。

「理屈なんかに縛られず行動したかった」というのは
「大切な仲間(家族)を失うかもしれない時は、
理屈なんかに縛られず行動したかった」という意味であって、
「今まで無理して理屈優先の生き方をしてた」ってことじゃないと思う。
だから直前に母の死の回想が入り、
「僕も同じだった」というモノローグが入ったのでしょう。
ザジと同じように、自分も家族を失う辛さは知っている、
だから何より家族(仲間)を大切に思い、
ムチャをしてでも助けに行こうとするザジの気持ちはよく分かるし、
自分だって本当はそうしたかったのだと。

まあ、真理谷だってたまにははっちゃけたい時もあったんですよ。
でもそんな自分はいないと思い込んでた。
普段真面目に仕事に打ち込んでる人が酒の席で浮かれて騒いだからって
「真面目な○○さん」が嘘になるのかっていうと、そんなことはない。
真理谷だって同じ。
普段は理屈を優先するけれど、仲間の生死に関しては
スイッチ切り替えて感情>理屈にしますよ、ってだけだ。
感情に従って「見捨てる」という判断を却下しても
根は理路整然とした思考回路を持つ真理谷だから
そこから先は理屈で動くんだと思います。


「だと思う」「~だろう」連発のなんともあやふやな個人解釈ですが
私はそんなふうに捉えました。
長いうえに読みにくくて申し訳ない。

PR

今週からキャラ紹介が変わってましたね。
真理谷が「根性も悪い」から「わりといいヤツ」に変更されてました。
個人的にはこれは読者が思えばいいことのような気がします。
オフィシャルで「真理谷はいいヤツだよ」と言うんじゃなくて。
口が悪くてキツい性格のように紹介しておいて、
本編を読んだ読者が「でも真理谷って結構いいとこあるよな」
と思えばオッケーなんじゃないかなー。
ま、これは私が真理谷裏切りイベントを望んでるせいなんだけどさ(笑)

なんか単純にいい人キャラにしてほしくないんですよね。
付き合ってみたら意外といいところもあった、
でも基本的には理論的で合理的で現実主義者。
他人よりも自分。
だからいざとなったらどういう行動をとるか分からない
(主人公は全面信用してしまってる)ってポジションで
いてほしかったんです。
7話ラストでアキラをリーダーとして認めてるモノローグがあったけど、
それすら状況が変われば覆せるキャラでいてほしかった。
アキラのことは一目置いたまま、それはそれとして
現状では○○(別のキャラ)と行動を共にしたほうが
自分にとって得策と判断すれば、そちらにつく。
そういう超絶クールな真理谷を望んでました。
でも公式で「いいヤツ」と断言してるんだから
もう裏切りイベントを希望しても無理なんでしょうね。
あー残念。

考察といってもたいした内容ではないです。
作品やキャラについて思ったことを書いてみます。

真理谷と大森さんってあんまり相性良くない気がする。
私の中では「真理谷は大森さんを嫌ってる」というのが
固まりつつあります。
おそらくもっともイラつくタイプの相手ではないかと。
りおんに関しては頭がいいし、行動力もあるから
ある程度認めてる気がします。
でもアキラがからむと感情的になるので
その時は「これだから女は扱いにくいんだ…」と
ウンザリしてるかもしれない。
真理谷は女の子を好きになったことがなさそうなので
合理的思考と程遠い恋愛感情を
どこまで理解できるのか謎ですね。

大森さんは白魔導士として、薬品や医療の知識を
持ち合わせているわけですが、
ある程度のことなら真理谷も知ってるんじゃないかなあ。
人を探す方法すら知ってましたし。
雑学の延長というか、真理谷からすれば一般常識レベルで
いろんな知識がありそうです。
だからちょっとやそっとの医療知識があっても
それだけでは認めてくれないでしょう。
自分が大怪我して大森さんの手当てで助かったとしても
「そのことに関しては感謝しよう」「だが」「性格がウザイ!」
の一言で終わりそうな予感がする…。
ただ、真理谷はそれなりの言動を見せれば
それまでのマイナス評価を打ち消して
「たいした奴だ」と認めてくれるキャラです。
だから大森さんが真理谷に「すごい女だな」と
言ってもらえる日が来るかもしれません。
ひょっとしたら「彼女に任せておけば大丈夫だろう」とか
「この件について考えを聞かせてくれないか?」なんて言われて
頼りにされたり…
そんなこともあり得るでしょう。
でもあのへタレで泣き虫な性格が直らない限り、
真理谷に一人前と認めてもらうのは難しそうですよね。

一方、大森さんなんですが、
着替え中を見られても何も反応しなかったところを見ると
男としては完全に眼中にない様子。
大人(一応)の大森さんからすれば、女子より小柄な中学生男子など
子供にしか見えないのでしょう。
まあ真理谷がエロい目で見てくれば別なんでしょうが。
真理谷は大森さんの体になんの興味もなさそうなので
大森さん的にもそのへんどうでも良くなってるのかもしれない。
(これはこれでどうなんだ?)
アキラに対しては体を張って助けてもらったせいか
完全に男として意識してるみたいですけどね。
つり橋効果という言葉もありますし、
非日常だからこその感情だと思います。
仮に日常で知り合う機会があったとしても
「仙石君って楽しい子なんですね」ぐらいで
終わったんじゃないかなー。
さすがに一回り年下の男の子相手に
恋愛感情を持つとは思えないですから。
いくら大森さんでも。

男としてはまったく魅力を感じない相手、
子供としか思えない相手でも、
頭の良さは理解してるはず。
しかし真理谷側が大森さんに積極的に絡むつもりがないようなので
あまり会話はないんじゃないでしょうか。
スクエアサーチの時みたいに、アキラ相手に
「へえ、凄いんですね。真理谷君って」
「優秀なんですねー」とは言っても
直接真理谷に言うことはなさそう。
真理谷は真理谷で、自分への賛辞が耳に入っても
完全無視しそうですからね。
大森さんからすれば「嫌いじゃないけど、ちょっととっつき難い子」
って感じでしょうか?
もしくは「大好きな仙石君のお友達(大森さん視点)」ということで
無条件で好意的に見てる可能性もあるかな?
「仙石君のお友達に悪い人はいませんっ」とか
素で言いそうなんだよなあ、大森さん…ある意味ピュア。
真理谷とアキラが友人ではないことにも気付いてなさそうだし。

大森さんはヘタレなわりに根性があるので
真理谷にキツイ事言われても
しぶとく食いつくのではないかと思います。
大森さんボケ、真理谷ツッコミとか面白そう。
精神的どつき漫才。

5話で真理谷とりおんの会話があったので
次は大森さんと話をしてほしい。
大森さんに限らず、真理谷は必然性がなければ
女の子とまったく口をきかなそうだけどね。
* HOME *
  • ABOUT
週刊少年マガジン連載「エデンの檻」のパソコンメガネ・真理谷四郎を語るブログ
  • カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
  • フリーエリア
  • 最新記事
  • プロフィール
HN:
蜂屋(88)
性別:
非公開
自己紹介:
同人やってます。
腐女子ではありません。
キャラ萌えオタクです。
  • バーコード
  • ブログ内検索
  • P R
  • アクセス解析
Copyright © マリヤリズム All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]