忍者ブログ
Admin*Write*Comment
マリヤリズム
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

SUPER COMIC CITY 21
参加のお知らせ


エデンの檻(真理谷)でサークル参加。
5/3(1日目)
西2ホール O39b
 


【既刊】
「ここがオレのパラダイスエデン」A5/52P/表紙フルカラー
「さーて行ってみようかな!」A5/12P/コピー
「トリックスター」A5/28P/表紙1C
「再録」A5/60P/表紙1C
「真理谷果汁100%」A5/28P/表紙1C
「真理谷主義」A5/16P/表紙スミ刷
PR
先日人と外食してきたんです。いつもぼっち飯の私が。
話が続かずしーんとした後「何か楽しい話題ない?」と言われたので
店員や他の客に聞かれない状況だったのもあって
「真理谷はなぜあんなにプリプリして可愛いのか語ろう」と返したら
嫌な顔されましてね…
あの時の顔、写メってうpりたいくらいですよ。
生ゴミを見るような顔でしたからね。失礼じゃないですか!?
やはりリアルはクソだと証明されてしまいましたね…
ぼっち飯のままならこんな思いをしなくて済んだんです。
今後もぼっちを貫こうと決意を新たにする出来事でした。

それはともかくもうすぐGWです。
GWといえばスパコミ。
一応申し込んでありますが(シティ参加ラスト)行けるかどうかは微妙なところ。
告知だけはそのうちしたいと思います。
新刊は影も形もありません!
そろそろ夏に向けて考えていかないと…
真理谷さんのアンソロ、何より主催の私が楽しみにしています。
1冊丸まる真理谷で埋まってるなんて夢のようですね…ヒヒヒ…
24年度が始まってそろそろ1ヶ月。
新しい環境になかなか馴染めず、ぼっちが辛いよぉ><という人もいるでしょう。
そんなあなたにぼっちの達人真理谷さんの生き方から学ぶ、
楽しいぼっちライフを伝授したいと思います。

・話が合わない友人は不要

はい、もうコレ。
いきなり真実ついちゃいましたね。
「真実さん突いちゃった」じゃないですよ。
真実、真理、道理、それをズバリ指摘してしまったということです。
私も10代の頃、校内のかっこいい男子とイケメン俳優の話ばかりする同級生がいて
話を合わせるのがキツかったです。
お年頃の彼女は素敵な異性(ただし三次元に限る)に興味津々、
友人の恋愛相談にも乗りたいみたいで
「○○ちゃんは好きな人いないの?」と聞かれても「ブラックジャック」としか答えられず
相手にとっても不幸な関係でした。
聡明な真理谷さんは幼児の頃からそういった関係の不毛さに気付いていたのでしょう。

・一人でいろいろ考えている方が気楽

その通りです!!
さすが真理谷さん、よく分かってる。
休み時間に誰も話しかけてこない。
それで困ることがありますか?
むしろこれはチャンスです。
何って…好きなだけ妄想できるじゃないですか。
萌えキャラの痴態をあれこれ想像してたってニヤニヤしなければ
周囲にはバレないんですよ。
本を開いて読んでるふりをしてもいいですね。
時々思い出したように携帯を見て待ち受けやデータフォルダ内の画像で
妄想の燃料を仕入れる、これで完璧です。
もし誰かが気付いても「読書中に着信でも来たのかな」としか思われません。
あとはひたすら妄想世界でフガフガすればいいんです。
途中で二次創作のネタでも浮かべば携帯にメモ。
打ってる内容が
「水遊びの最中にパンツが脱げてしまい、フルチンで上がるわけにもいかず困っている真理谷」
「もろ出しのお尻を魚にツンツンされて変な声を出してしまう真理谷」
「訝しむアキラに何でもないと答えたものの、一人ではどうにもならずタオルを持ってきて
もらおうとする真理谷」
「ところがどっこいいつの間にか岸に上がっていたアキラは友人たちとビーチバレーに熱中」
「この状況でアキラだけを呼び出すのは不可能、ヘタに声をかければ逆に注目されてしまう」
「どうしたらいい…と9年連続学年トップの頭脳をフル回転させる真理谷」
「そうする間にも真理谷の全身をツンツンしてくる魚たち」
「股間を両手でガードしても、指の隙間から執拗に攻め込む小魚」
「元々触れられることに慣れておらず全身敏感な真理谷」
「徐々に腰から力が抜け、押さえきれない小さな声を漏らし始めてしまう」
「そんな真理谷の喘ぎはバレーを観戦してる中学生たちの声にかき消され…」
「一人水から上がれずにいる真理谷はやがて両手を離してしまう…」
「守るものがなくなり解放されたそれに群がる魚たち」
「動物に愛される真理谷は当然魚にも愛されていた」
「絶え間なく優しく無数の小さな口に愛撫された真理谷は…」
「ついに……」
だとしても無表情を崩さなければ何を打っているかなんて他人には分からないのです。
もし表情に表れてしまったら、と不安ならマスクをすればいいんですよ。
今の時期、あーこの人花粉症なんだなと思われるだけなので
なんら不自然ではありません。
思わず「フヒッ…」と変な声を漏らしてしまったら偽くしゃみでもして
花粉症を演出すれば無問題。
これで休み時間を有効に趣味に費やすことが出来ます。


私も真理谷さんに習ってぼっちライフを満喫しています。
毎日本当に楽しいですよ!

そして最後に。

・大勢の人間に囲まれ人の輪の中で笑っていた
・もう一人僕がいたならああいう生き方も悪くない

今の真理谷さんはたくさんの仲間に囲まれています。
でもぼっちを愛する姿勢も崩してないのです。
一人飯、人の輪を離れPCカタカタしながら自分の世界…
真理谷さんは「ぼっち」と「仲間」を両立させました。
同じコミュニティの中でそれを達成できたのは達人・真理谷四郎ならではですが
私たちも似たようなことは出来ると思いませんか。
学校・会社ではぼっちでも、別のどこかに仲間がいれば良いのです。
たとえそれがモニターの向こうの、顔も知らない相手でも
仲間は仲間だと思いますよ。
私もネットの中とコミケ会場にだけ仲間がいます。
それでいいんです。もうそれで……

元気出ましたか!?
皆さん、明日からぼっち生活を心行くまで楽しんでくださいね。
真理谷「彼女は人気があるからな、誰かに連れ去られ…」→大森さん「ま、真理谷くん!!」

真理谷「ほとんど死んでしまったのかもしれんな」→りおん「真理谷くん!」

~年月~

鈴木「きっともう胃液でドロドロに…」→真理谷「バカなことを言うな!」



真理谷さん変わったね\(´∀`)/
変わる前も変わった後もどっちも好きだよ!!
ある漫画に女好きの「四郎」というキャラがいて
セリフだけ見てると真理谷が迫られてるみたいで凄く興奮する…

真理谷の優秀さ(=将来有望)とイケメンっぷりに気づいた女が
今のうちに手をつけておこうと画策する可能性はあると思うの!
すました顔してても男なんて色仕掛けで簡単に落ちると思い込んだビッチが
真理谷と二人きりになったところで誘惑し始める。
イラッとした真理谷に「失せろ!」と言われて、
最初は「フフッ無理しちゃって」と余裕だったのが本気で迷惑がられてると知り、
ムキになってセクロスに持ち込もうとするわけよ。
真理谷さん非力だから女相手でも負けるね。
押さえ込まれてチュッチュされそうになるのを必死にかわしてると、
業を煮やしたビッチがベルトに手をかけ、血の気が引く真理谷。
勿論下の真理谷は上の真理谷と同じくドン引きですよ。
ギンギンどころかしおしおで、体内にもぐりこむ勢い。
ビッチはそれにも気づかず強引にパンツを引き下ろそうとする。
下の真理谷が戦闘態勢でない以上、逆レイーポ達成は不可能だが
それでもこの後繰り広げられるであろう行為は真理谷を辱めるには充分だ。
真理谷さんピンチ!

だがしかしいきなり突き飛ばされ、転がるビッチ!
驚いた真理谷が顔を上げるとそこには涙目で震えてる大森さんが…
「だ、大丈夫ですか?真理谷くんっ…」
「なんなのよあんた!」
ビッチの気迫に押されながらも大森さん必死の反論。
「こんなことしちゃダメです。力ずくなんていけませんっ」
「私と四郎の問題よ、あんた関係ないんだから引っ込んでてよ」
「えっ?」
ビッチの名前呼び捨てを聞き、もしかして二人は付き合ってたのか、
自分が勝手に勘違いして邪魔していたのかと混乱する大森さん。
「あ、あああのもしかしてお二人はお付き合いを??」
「そうよ、だから邪魔しないで」
「ご、ごめんなさいっ私勘違いして」
大森さんはあわてて頭を下げ立ち去ろうとする。
「…こ、このバカCAーッ!!」

そこへ走ってくるりおん。
そのまま有無を言わさずビッチにジャンピングニーを食らわす。
「えっ?えっ?りおんちゃん、この人真理谷くんの彼女じゃ…」
「違うわよね!?真理谷くんっ」
「…ああ、こんな女知らん」
「ええ~~?」

…という妄想をしながら2828してたらいつの間にか2時間くらいたっててびっくりした。
真理谷の危機にかけつけるのは女の子がいい。
男なのに女に襲われ抵抗できず、女に助けられる。
本人がそれを情けないと思ってなさそうなのがまたいい。
「すまない赤神、助かった」と普通に言いそう。
りおんはヒロインでありながら肉弾派なのが良いね。
アキラ相手には守られヒロインっぷりを発揮するけど、
真理谷相手だと守り役になるのが好きだなー。
4巻の「りおん!真理谷と大森さんを頼む」がすごい好きで
周囲の誰も異論がなさそうなのに笑った。
普通は「○○(男)!××(女)と△△(女)を頼む」だろうに。
真夜・あやといった作中ポジション=戦闘部隊キャラとは明らかに違うのに
単独で強いっていうのがいいんだよね。
そして守る対象が真理谷さんっていうのがね!

大人真理谷はこうなる前に女の意図を察して隙を与えなそう。
自分に片思いしてる女、計算ずくで自分を狙ってる女、全部お見通しで
踏み込めないようにさりげなく防衛線張りそうなイメージ。
今の真理谷さんは女に全然関心なくて、異性にどう思われてるかも気にしてなくて
結果的にこういう罠にはまりそうでdkdkする。
隙がある中学生真理谷さん…はぁ…はぁ…(´Д`;)
やっぱいいよ真理谷さんは。最強だよ。
真理谷さんが好きすぎて毎日辛い。
昨日見たアニメでこういうシーンがあった。

男女の友達に無理やり海に連れて行かれる主人公、女の子は水着持参。
泳ごうと誘われるも主人公は「水着持ってないから」と断る。
「あら、○○(もう一人の男子)はパンツよ」
トランクス一丁で泳いでいる友人を見て主人公も下着で泳ぐことにする。

これだ!!!!!!!!!!!!!!

我々が真理パンゲットするにはどうすればいいか、ずっと考えていたわけだが
このシチュエーションなら自然にパンツを拝めるんじゃないか?

これには重要なポイントが3つある。
・周囲がリアル中坊だらけ
・真理谷は修学旅行に水着持って来てない
・最近の真理谷は仲間思い

中坊といえば子供である。
毎日作業ばかりではやってられない。
たまにはパーッと遊びたくなるんじゃないだろうか。
そして娯楽のないエデン島でパーッと遊ぶとなれば…
そうです、川遊びです。
危険な動物がいないのを確認した後、皆でキャッキャウフフとはめを外す。
ミイナが浮き輪を持ってたくらいだ、都合よくビーチボールその他が出てきたっていい筈。
真理谷以外の男子は当然水着を持っているでしょう。
で、岸辺にいる真理谷に声をかけるわけだ。
「おーい、真理谷も来いよ!」と。
今までなら「無視」「断る」しか選択肢はなかった。
だが…今の真理谷なら参加するはずだ。
「ふむ、たまにはいいだろう」なんつってな!
しかしそこで気付くのだ。(そうか、僕は…)
「すまない、水着を持ってきていないんだ。残念だが…」
「男はパンツでいいじゃねーか!俺だってそうだぞ!」
シミのついたブリーフで平然と参加している鈴木。
(引き気味の女子が数名)

それを見て、フッと笑みを浮かべる真理谷さん。
「そうだな」
そこであの細く美しい指を学ランのボタンにかける。
8個のボタンを1つ1つ丁寧に外し、綺麗にたたんで岩の上へ。
次にシャツを脱ぎ、ぽっこり腹のゆるゆる体型にも関わらず
セクシーな上半身があらわになる。ふっ、ふおおおおお…ブルブルブルブル
ダメだ!ここではまだ立ち上がってはいけない!!
やがて真理谷さんの指が、あの清らかで淫猥な指が、ズボンのベルトにかかり
そして、そして、そして――――――――――――――――

宇和アアアアアアあああああああああああああああああああああああ
ここで立つ!ここで立つ!一斉に!スタンディングオベーション!!!!
もっと!もっとだ!真理谷!真理谷!
神々しい真理谷のパンツが今、白日の下に晒され、ああああああああああああああああああ
アアアアアアアアアアああああああああああああああああああああ
アアアあああああアああああああああああああああああああああああああああ・・・
・・・・・・・・・・・・・・・
生きててよかった・・・・・・・・・・


こうなる為にはアキラチームが過酷な状況に陥らなければならない。
作業も、対動物の戦いも、休む間もないほど追い立てられないといけない。
そうであればこそ遊ぶ時思い切り羽目を外すというもの。
緩急の差。緊張と緩和。錦織の姦計。キメラとの戦い。真理谷のパンツ。
今の話が一段落したら全員による水遊び回が入る事を期待しています。
今週のマガジン、どさくさにまぎれて真理谷がパンチラでもしてねーかなと思ったけど
そんなことはなかった。

真理谷のパンツ。

真理谷の使用済みパンツ。

真理谷の使用中パンツ。

汚れがついてしまった真理谷のパンツ。

穿き古されて捨てられる前の真理谷のパンツ。

パンツとは、真理谷四郎(146cm38kg視力0.6好物プリン14歳男子)の陰部を覆っている布切れのこと。
こんなものに何の価値があるのか。
今日の夕食メニュー、人に会う約束、月末に支払う家賃、仕事。
これらの方が私の生活にとって重要事項じゃないのか。
本当にくだらない。
真理谷のパンツがどうした!あ!?
だが、しかし、現在私の心の9割を占めているのが真理谷のパンツであるという事実。
色は、形は、穿き心地は、所有枚数は、買い替え時期は、どれか1つでいいから知りたい。
匂いは…フローラルな香りであるのは確定だから考えるまでもない。
フィット型(ブリーフ等)かフリーダム型(トランクス等)かだけでも知りたいね!

…性欲か……そんな感情(きもち)とっくに失くしたと思ってたがな…
アイツのパンツについ欲情しちまったぜ…
死ぬほど待ってるぜ!!真理谷のパンツがあればなんだってやれる!
最近感想書いてなくてごめんなさい!!(^o^)
真理谷がエロいのは周知の事実。
ク○ニが伏せ字になったようにヤバいものが隠されてしまうなら
真理谷の存在は全身モザイクレベルじゃね?
苦しんでハァハァ言ってるシーンはもちろんのこと、
普通に立ってる姿もエロい。
見た瞬間ファンが10人くらい死んでる。
頭からつま先までモザイクかかったキャラが一人混じって
会話してるのもシュールだな~と思ってたら
大変なことに気がついた。
真理谷さんはセリフもヤバい。
「こんなこと初めてだが」「気は済んだのか」
「僕はぬるぬるが嫌いなんだっ…はぁ…あっ(ビクンビクン)」
こんなエロいセリフをそのまま載せていいわけがない。
他のセリフだってヤバい。
何がっていうと真理谷の口から発せられたという事実がヤバい。
真理谷が考えた言葉が真理谷の神経を伝って真理谷の声帯を震わせ真理谷の声として真理谷の口から出てくる。
もうこれだけで人類が滅亡しかねないヤバさ。
そうなると真理谷の姿もフキダシもすべてモザイクになってしまい、
真理谷四郎というキャラがいる意味を失ってしまう。
これは大変なことですよ。
つまり何が言いたいかというと我々真理谷ファンは非実在少年云々の悪法を掲げ、
表現の自由を奪おうとする輩から真理谷を守らなければならないという事です。
何が児○法だよ、存在そのものが児○ポルノの真理谷さんdisってんなよオラァァァ!
  • ABOUT
週刊少年マガジン連載「エデンの檻」のパソコンメガネ・真理谷四郎を語るブログ
  • カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
  • フリーエリア
  • 最新記事
  • プロフィール
HN:
蜂屋(88)
性別:
非公開
自己紹介:
同人やってます。
腐女子ではありません。
キャラ萌えオタクです。
  • バーコード
  • ブログ内検索
  • P R
  • アクセス解析
Copyright © マリヤリズム All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]